×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[昭和10年大日本東京野球倶楽部]

1回米国遠征:2181分け

       :試合47完投調査中完封調査中投球回調査中

        打数調査中被安打調査中被本塁打調査中

        奪三振313与四死球調査中失点調査中

自責点調査中防御率調査中

 

月日

球場

相手

相手投手

スコア

寸評

3/3

メリーズビル

サンフランシスコ

・ミッションズ

ハンセン

12-5

8

 

 

 

 

5

ミッションズはパシフィック・コーストリーグ所属。

3/9

シールズ

 

ミッションズ

コール

3-4

8

 

6

4

 

2

9回表失策で出塁、代走交代で畑福が打たれ敗戦投手。

3/13

 

オークランド

・オークス

チャンドラー・トービン

2-0

9

 

5

5

 

0

オークスはパシフィック・コーストリーグ所属

3/15

 

日本人体育会チーム

 

16-0

 

 

 

 

 

 

 

3/17

サクラメント

サクラメント

・セネタース

アンゲリッシュ

2-1

9

 

6

 

6

1

1

セネタースはパシフィック・コーストリーグ所属

3/22

 

ローダイ

・ロマンズ

 

7-0

5

 

 

9

 

0

ロマンズはセミ・プロチーム。先発し、6回で畑福に交代。

3/24 

オークス

オークス

ヘイド

0-1

4.1

 

4

 

0

1

途中救援し、9回にサヨナラで敗戦

3/25

チャンス

 

サンフランシスコ

・シールズ

 

8-1

 

 

 

 

 

 

 

3/26 

チャンス

 

サンフランシスコ

・シールズ

 

1-9

4.1

 

8

 

 

4

シールズはパシフィック・コーストリーグ所属。後の「ヤンキース・クリッパー」ディマジオに本塁打を打たれる。

3/31

リグレー

ハリウッド

 

6-5

12

 

 

 

 

5

 

4/2

ポートランド

 

1-8

6.1

 

 

 

 

4

途中救援するが打たれて敗戦

4/4

 

ロサンゼルス

 

1-6

1

 

 

 

 

2

8回に救援するが打たれて敗戦

4/7

 

テキサス・リカーズ

 

3-12

 

 

 

 

 

 

リカーズはセミプロ。

4/9

 

 

ドビシ艦隊

 

2-0

 

 

3

6

4

 

 

4/30

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

L.A.日本

 

14-3

 

 

 

 

 

 

L.A.日本はバッキー・ハリス、ジョージ松浦などの強チーム。

5/2

 

ポートランド

 

2-5

8

 

 

 

 

5

完投するも敗戦

5/5

タコマ

ストー・クラブ

 

7-3

 

 

 

 

 

 

ストーはティンバー・リーグ所属。

5/6

 

インディアンス

 

4-8

8

 

 

 

 

8

完投するも敗戦

 5/7

 

オール・スターズ

 

9-2

 

 

 

 

 

 

スターズはターミナル・リーグ所属。

 5/8

 

D.I.S

 

6-2

 

 

 

 

 

 

 

5/13

タコマ

タコマ・タイガース

ペンチコート

1-0

 

 

4

 

 

 

 

5/19

ブレマトン

ブレマトン

 

2-9

 

 

 

 

 

 

畑福の救援を受ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6/2

 

ホワイト・エレファンツ

 

4-3

 

 

 

2

 

 

9回青柴を救援して辛勝。

6/3

 

デンバー大学選抜

 

2-1

 9

 

 

15

 

 

 3回には11球で三者三振。

6/4

 

 

オハマ・

ウェスタン

 

4-6

 

 

 

 

 

 

オハマはウェスタンリーグ所属。7回スタルヒンに交代して敗北。

 

クロスレー

 

シンシナティ

・タイガース

 

 

 

 

 

 

 

 

5回から救援も打たれ敗北。

6/8

 

フォード

 

6-0

 

 

 

14

 

 

フォード自動車の野球チーム。

 

ボッタム

 

ボッタム・クラブ

 

0-0

 

 

4

17

3

 

 

6/11

 

ミルウォーキー

・レッドソックス

 

9-4

 

 

 

9

 

1

4回から畑福を救援。逆転勝利。

6/16

 

 

ネイティブ・サン

 

9-5

 

 

 

 

 

 

7回から畑福を救援、逆転勝利。

6/18

 

 

 

14-0

 

 

 

17

 

 

1回に3者連続三振、毎回三振。

6/30

ホノルル

ワンダラーズ

 

7-1

 

 

 

14

 

 

 

7/2

 

ハワイ・ブレーブス

 

3-4

 

 

 

 

 

 

9回裏同点になったところでスタルヒンを救援、四球とエラーとヒットでサヨナラ負け。

7/4

 

ハワイ海軍

ジラード

6-4

 9

 

 

11 

 

 

苅田久徳の美技で勝利。

7/7

 

ハワイ・チャイニーズ

テイータイ・

ジェームス

1-2

 

 

 

 

 

 

7回から青柴を救援したが逆転負け。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和10年全国巡業に進む

沢村栄治全記録indexに戻る

沢村栄治記念館受付に戻る