×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[昭和11年東京ジャイアンツ]

 

連盟結成記念全日本選手権大会戸塚大会

月日

球場

相手

相手投手

スコア

寸評

7/1

戸塚

0

1

名古屋軍

ノース

8-9

 

 

 

 

 

 

日本プロ野球での初の公式戦に敗北。2回まで3点リードしていたが、5点取られ、結局逆転負け。

 7/4

戸塚

0

2

金鯱軍

平川

 2-4

 

 

 

 

 

 

7回前川を救援。不調のため8回先頭打者四球で交代。新聞は「沢村いちじるしく不調」と。ファンがグラウンド乱入。

 

 

連盟結成記念全日本選手権大会大阪大会

月日

球場

相手

相手投手

スコア

寸評

7/11

甲子園

 

阪急軍

北井正男

1-8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連盟結成記念全日本選手権大会名古屋大会

月日

球場

相手

相手投手

スコア

寸評

7/16

山本

1

2

大東京

 遠藤忠二郎

3-2

 

 

3

7

 

 

 沢村の日本プロ野球公式戦初勝利。

 

 

朝鮮・満州遠征(オープン戦)

月日

球場

相手

相手投手

スコア

寸評

8/3

国際

 

奉天

満鉄倶楽部

 

7-2

 

 

 

 

 

 

前川を救援。

8/6

西公園

新京

満鉄倶楽部

 

3-0

9

 

 

 

 

0

久しぶりの完投・完封。

8/8

西公園

 

新京

電業倶楽部

 

3-2

 

 

 

 

 

 

前川を救援。

8/16

大連実

大連実業

三代沢

5-2

 

 

 

 

 

 

打球を時計の広告に当て、金時計を贈られる。

8/20

 

大連

満鉄倶楽部

阿部・五十嵐

4-6

 

 

 

 

 

 

 

8/22

 

大連

満鉄倶楽部

阿部・梅本

14-1

 

 

4

 

 

 

 

 

 

2回全日本野球選手権大会第1次大阪リーグ戦:40

        試合数4完投調査中完封調査中投球回31

        打数調査中被安打10被本塁打調査中

        奪三振32与四死球調査中失点2

自責点0防御率0.00

月日

球場

相手

相手投手

スコア

寸評

9/18

甲子園

2

2

金鯱軍

 内藤幸造

4-0

9

 

3

9

 

0

 

9/23

甲子園

3

2

阪急軍

 北井正男

4-2

 

 

 

11

 

 

 

9/25

甲子園

4

2

タイガース

若林忠志

1-0

9

31

0

7

4

0

プロ野球史上初の無安打無得点。

9/29

甲子園

5

2

セネタース

石原 繁三

5-1

 

 

3

8

 

 

 

 

 

2回全日本野球選手権名古屋大会:登板せず

 

 

‐T短期シリーズ:11(オープン戦)

月日

球場

相手

相手投手

スコア

寸評

 

神戸

タイガース

菊矢・御園生

2-3

9

 

 

 

 

 

門前正人に9回逆転本塁打を浴びる。

 

甲子園

タイガース

村田・藤村

5-4

 

 

 

 

 

 

畑福を救援、延長11回勝利。

 

 

2回全日本野球選手権宝塚大会:20

月日

球場

相手

相手投手

スコア

寸評

 10/25

宝塚

6

2

金鯱軍

内藤幸造

7-3

9

 

4

 

9

 

 

 10/27

宝塚

7

2

阪急軍

石田正彦

3-1

9

 

5

 

 

 

宝塚大会に優勝。

 

 

東京・名古屋対抗野球大会:登板せず

 

 

2回全日本野球選手権大会第1次東京リーグ戦

月日

球場

相手

相手投手

スコア

寸評

 11/3

上井草

7

3

タイガース

御園生崇男

1-4

9

 

10

 

 

 

 

 11/5

上井草

8

3

名古屋軍

 松浦一義

4-2

 

 

 

 

 

 

畑福を救援。

 11/8

上井草

9

3

セネタース

 野口 明

5-1

 

 

 

 

 

 

前川を救援。

 

 

2回全日本野球選手権大会第2次大阪リーグ戦

月日

球場

相手

相手投手

スコア

寸評

 11/15

甲子園

10

3

阪急軍

石田・北井

5-3

9

 

 

 

 

 

 

11/19

甲子園

11

3

名古屋軍

松浦一義

3-0

9

 

3

14

1

0

打っても2安打。

11/21

甲子園

12

3

セネタース

石原繁三

7-5

 

 

 

 

 

 

 

11/23

甲子園

13

3

セネタース

 藤村富美男

・御園生崇男・若林忠志

7-2

7

 

 

10

 

 

2回無死満塁で前川を救援し、危機を切り抜け勝利投手。最終日の勝利でタイガースと同率首位。

 

 

同第2次東京リーグ戦

月日

球場

相手

相手投手

スコア

寸評

 11/29

州崎

14

3

セネタース

野口 明

5-3

3

 

 

 

 

 

 7回前川を救援、延長10回勝利。

12/1

州崎

14

4

タイガース

景浦 将

1-2

9

 

3

 

 

 

初回に無安打で取られた2点を挽回できず敗戦。

 

 

11年度優勝決定戦

月日

球場

相手

相手投手

スコア

寸評

12/9

洲崎

タイガース

景浦将

5-3

9

 

10

11

2

3

景浦が沢村のドロップを太平洋場外にホームラン。

12/10

洲崎

タイガース

御園生・若林

3-5

6

 

 

 

 

 

7回から前川八郎に交代。4失策に足を引っ張られる。

12/11

洲崎

タイガース

景浦・若林

4-2

 

 

 

 

 

 

5回から前川を救援。昭和11年度優勝を決める。

 

 

昭和12年東京ジャイアンツに進む

沢村栄治全記録indexに戻る

沢村栄治記念館受付に戻る