萩武の姉晶子の短歌

 

 高校野球又巡り来ぬ遠き日の 戦に散りし弟哀れ

 

戦没野球選手慰霊へ戻る