×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

壺井重治遺書

 いよいよ時が参りました。5月早々を命日とご覚悟ください。必ず成功をと、一層決意を固めております。若輩の身に皇国の安危を背負い、光栄と感激に胸を躍らせつつ、一機一艦を屠るべく元気で出発いたします。写真の大きいのは黒枠用に願います。

(辞世)

  若桜嵐の中に散りゆくも

  再び咲かす 靖国の花

  必殺と雄叫びしつつ 我は今

  敵艦目指して花と散りゆく

(一部仮名遣いと漢字表記を改めている)

戦没野球選手慰霊に戻る